PR

いろいろ条件でMT4を停止や再開!指定時間でストップ・スタートEA(ユーティリティ)

無料ユーティリティ
スポンサーリンク
【PR】この記事には広告を含む場合があります

使用するEAに「エントリ開始時刻や終了時刻」が設定できない場合に使える、すべてのEA、指定時間でストップ・スタートするユーティリティをご紹介します。

全てのEAを指定時間でストップ・スタートと時間自動決済できる「EA_Timer2[sc]」

時間制御ユーティリティ設定画面

「EA_Timer2[sc]」と言うユーティリティをMT4にセットすると、下記を自動で行ってくれます。

  • セットしたMT4全てのEAを指定した時刻(パスコンの時刻)に起動・停止する(最大6つの起動と停止時刻を設定可能)
  • 指定した時刻にEAを停止する際、未約定の指値注文を全て取り消すか否かを設定できる
  • 指定した時刻にEAを停止する際、保有ポジションを全てクローズするか否かを設定できる
  • 指定した時刻にEAを停止する際、未約定の指値注文を残す設定である場合は、ストップロス・テイクプロフィット設定の無い不完全なポジションに対して、ユーティリティに設定したストップロス・テイクプロフィットの値を自動で設定できる

「EA_Timer2[sc]」の活用方法

「EA_Timer2[sc]」の活用方法として、下記のようなことが思い浮かびます。

朝スキャEAとして、チャートの動きが落ち着いた早朝のみEAを稼働する

例えば、午前7時~8時の時間帯はチャートの動きが落ち着いており、比較的確実なトレードがし易いため、好んで早朝のスキャルピングトレード(通称:朝スキャ)を行う人には、早朝だけEAを稼働させて、停止時刻にポジションを全てクローズすることができます。

仲値トレードするためにEAを時間制御する

「仲値トレード」とは、集金日として一般的な五十日(ごとうび)、要するに5の倍数に当たる毎月5日や10日(土日の場合は金曜に前倒しか、月曜に後ろ倒し)にだけ米ドル/円チャートが独特の動きをするので、その独特の動きに合わせたエントリと決済を行うトレードです。

おおまかには、五十日(ごとうび)の9時~9時45分前後まではチャートが上昇して、10時前後からチャートが下降する動きです。

この上昇と下降の時間をユーティリティに設定して、狙った動きに合わせたエントリが可能です。

各種の指標値発表前にEAを停止する

各国では、指標値の発表を指定した日時に行いますが、指標値の良し悪しによって、チャートが極端に上下します。

この急激なチャートの動きによって大損することもあるので、予め分かっている指標値発表時刻前に自動で全てのポジションを決済しておくことができます。

「EA_Timer2[sc]」の入手方法

下記のリンクから無料でダウンロードできます。

とあるMetaTraderの備忘秘録

「EA_Timer2[sc]」の設定方法

「EA_Timer2[sc]」の設定方法を解説します。

MT4の「Scripts」フォルダに「EA_Timer2[sc]」を格納

  1. MT4の「ファイル」メニューから「データフォルダを開く」を選択
  2. 「MQL4」フォルダから「Scripts」フォルダを開いて「EA_Timer2[sc]」を格納
  3. MT4を再起動

MT4左側から「Scripts」フォルダを開いて「EA_Timer2[sc]」を起動

時間制御ユーティリティ設定画面

「EA_Timer2[sc]」を開いて、下記の通り設定します。

  • Startlocaltime1
  • EAを稼働開始させるパソコン時刻を設定します。

  • Stoplocaltime1
  • EAを稼働停止させるパソコン時刻を設定します。
    ※Startlocaltime2以降を利用しない場合は「00:00」を設定します。

  • DeleteAllPendingOrders
  • EA停止時に、未約定の指値注文を全て取り消すか否かを設定します。

    • true
    • 未約定の指値注文を全て取り消す

    • false
    • 未約定の指値注文を全て取り消さない

  • CloseAllOpenPositions
  • EA停止時に、保有ポジションを全てクローズするか否かを設定します。

    • true
    • 保有ポジションを全てクローズする

    • false
    • 保有ポジションを全てクローズしない

  • FaultyPosition_TP
  • TP(テイクプロフィット)設定の無い不完全なポジションが見つかった場合は、FaultyPosition_TP値を設定します

  • FaultyPosition_SL
  • SL(ストップロス)設定の無い不完全なポジションが見つかった場合は、FaultyPosition_SL値を設定します

チャートの左上に設定時刻が表示されれば機能する

「EA_Timer2[sc]」が起動した状態

画面の左上に設定した時刻が表示されれば「EA_Timer2[sc]」が稼働します。

「EA_Timer2[sc]」の設定はMT4の「自動売買ボタンが自動売買可能」な状態でしか設定できないため、「EA_Timer2[sc]」が設定エラーとなった場合、「自動売買ボタンが自動売買可能」な状態にした上で、再度設定してみてください。